アイプチ

今、リッドキララが話題となっていますが、手軽に一重まぶたを二重に出来る化粧品として、アイプチもよく知られているようです。

アイプチは、元々はイミュという会社の製品だったのですが、今は二重まぶた形成化粧品といえばアイプチを指して言うようになっています。
現在は様々なメーカーから、同じような化粧品が数多く販売されています。

リッドキララは通販限定の商品ですが、アイプチは一般のドラッグストアなどでも販売されています。
価格も様々な価格帯のものがあります。

アイプチは、接着剤のような粘着力がある液体をまぶたに直接塗ることで、一重まぶたの人でも二重にすることができます。
元々二重まぶたの人でも、好みのラインをつくったりして目の印象を変えることが出来ます。
水やお湯で簡単に落とせるため、多くの女性が愛用しています。

毎日まぶたの同じ部分で使用していると、次第に二重のラインができ、二重まぶたになることができた、という女性も多いようです。
こうした効果は、リッドキララとも似ているようです。

アイプチのデメリットは

デメリット

アイプチは、粘着力がある液体でまぶたを接着させるため、初めのうちは少し使うのが難しく、使いこなせるようになるまでやや時間がかかるようです。
上手に使わないと、他の人から見て、すぐにアイプチをしているとわかってしまいます。

アイプチのような二重まぶた形成化粧品の場合、上からアイシャドウやファンデーションを塗ると、その箇所だけ線が見えてしまったり、他の化粧品の影響で接着力が弱くなったり、剥がれてしまう、ということもあります。

また、まぶたを接着させるため瞬きがしにくくなり、目が乾燥しやすくなるので注意が要ります。
他にも、水に弱く、水にぬれるととれてしまうため、海やプールで泳ぐときは使用しないか、顔を濡らさないよう注意しないといけませんし、雨にぬれても取れてしまうことがあります。

リッドキララとアイプチの違いは?

違い

アイプチは、言わば糊のようなものでまぶたを接着させるため、上手く使いこなせるようになるまで慣れが必要です。
リッドキララも少し使いこなすのにコツが要りますが、アイプチほどは難しくなく、誰でもすぐ簡単に使いこなせるようになります。

アイプチは慣れていないと使用しても少し不自然な感じになり、すぐに他の人にアイプチを使っていることがバレてしまいます。

リッドキララは糊ではなく美容ジェルなので、初めのうち慣れていなくても不自然な感じにはならず、他の人に知られることはありません。
自然成分中心の美容ジェルなので、肌が荒れる心配もありません。

こうしたところが、アイプチには無いリッドキララのメリットでしょう。

アイプチの場合、きれいな二重まぶたになることが出来ますが、もともと腫れぼったいまぶたの場合、アイプチを落とせば元のまぶたに戻ってしまいます。

リッドキララは、皮膚の内部に作用する成分も配合されています。
つまり、まぶたの外側にハリを与えるとともに、内側からコラーゲンに作用し、若々しいまぶたに戻そうとする働きもあるのです。

リッドキララは、すぐにクッキリとした目元になれる即効性があるとともに、継続的に使用することでまぶたを引き締め、肌のハリをしっかりキープできるようになります。

こうしたことから、リッドキララは、アイプチのようにまぶたに負担をかけず、その場限りの二重まぶたではなく自然な二重まぶたになることが出来ます。
慣れれば簡単に使いこなせるようになり、毎日のケアに取り入れやすいので、使い続けることも楽にできます。

こうして見ると、リッドキララは様々なメリットがあるのがわかります。

リッドキララとアイプチの併用は?

併用

リッドキララは、アイプチと併用できるのでしょうか?
リッドキララは、塗るとすぐさま、まぶたにハリを与えてくれる、即効性がある成分が配合された美容ジェルです。

これに対し、アイプチの場合、接着剤のような粘着力がある液体をまぶたに直接塗ったり、アイテープを使うことで二重まぶたを形成するスキンケア商品となっています。

リッドキララは、3次元密着フィルムによる皮膜効果で、まぶたを物理的に引き上げることで、すぐさま効果が実感できます。
アイプチは、下にまぶたを引っ張る働きにより、まぶたを内側に織り込んで二重を作る働きがあります。

このため、リッドキララとアイプチはあまり相性が良くないと言えるでしょう。
リッドキララは皮膚を改善させる働きもあるのですが、アイプチを併用していては効果が薄くなってしまう可能性もあります。

こうしたことから、リッドキララとアイプチを併用して使うことを考えるのなら、日によって使い分けるようにすると良いでしょう。
短時間だけ、一重まぶたを、くっきりとした二重ラインにしたい、という場合にはアイプチが向いていると言えます。

アイプチを使う場合、肌に優しいアイプチを使うことが大事です。
肌のトラブルを防ぐため、多少価格的に高くても、美容成分高配合のアイプチを使うことです。

自分でいろいろと試してみて、自分に合った組み合わせを探してみるのも良いでしょう。

リッドキララの購入面でのメリットは?

メリット

アイプチは、元々はイミュという会社の製品だったのですが、現在は二重まぶた形成化粧品として、様々なメーカーから数多く販売されています。
一般的なドラッグストアなどでも販売されていますが、価格も様々な商品があり、どの商品を購入したら良いのか少し戸惑うかもしれません。

リッドキララは、通販限定の商品でアマゾンやヤフーショッピングなどでも購入できますが、やはり購入は公式サイトからが良いでしょう。

リッドキララは1個(約1ヶ月分/10g)定価4,422円ですが、公式サイトのお試しコースを利用すれば、1個当たり3,980円で購入できます。
まずはお試しコースを利用し、効果が実感できて継続して利用するのなら、さらにお得な価格で購入できるコースもあります。

3ヶ月毎に3個~定期的に届けてもらえる定期コースなら、1個当たり3,759円で購入できます。
3ヶ月毎に4回に分けて届けてもらえる年間コースなら、1個当たり3,538円で購入できます。

万が一効果が得られなかったとしても、最低15日以上使用しても満足できなかった場合、全額返金してもらえる保証制度もあるので、安心して購入できます。

こうして見ると、リッドキララの購入は、公式サイトからがいろいろとメリットがあるようです。

ちなみにリッドキララの販売店の情報をまとめてみたので気になる方は参考にしてくみてください。

→ リッドキララを取扱っている販売店を調べてみた

リッドキララとアイプチの違いは?詳しく知るにはココ!まとめ

リッドキララ

アイプチは、接着剤のような粘着力がある液体をまぶたに直接塗ったり、アイテープを使うことで、くっきりとした二重ラインを強制的に形成するスキンケア商品です。
これにより、一重まぶたでもすぐに二重にすることが出来ます。

ただ、使い慣れないと不自然な二重まぶたになってしまう恐れがあり、肌にダメージや強い負担を与えてしまうことになります。

リッドキララは、美容ジェルなので肌への負担は少なく、他のアイクリームと比べれば即効性があり、まぶた全体がリフトアップされるため、くっきりとした目元になれます。

たるんだまぶたを根本から改善するので、継続して使用することで、すっぴんでも自信が持てる若々しい目元になることができるのです。

肌のケアを考えたり、すっぴんでも自信が持てるようになるには、やはりリッドキララがおすすめ、ということになります。