混同肌

女性で30代を過ぎると、顔の箇所によって肌質が異なる“混合肌”に悩むケースも増えるようです。

リッドキララは肌に優しく、刺激を与えない植物由来の成分が使われているので、混合肌の女性でも安心して使用できます。
リッドキララの発売以来、肌荒れなどの副作用の報告は1件もありません。

リッドキララは東証1部上場の企業、北の達人コーポレーションが開発、販売を行っている商品で、第三者機関でパッチテスト試験済みなので品質にも問題はありません。

40代の混合肌の女性からも、これまでまぶたに塗る化粧品で、発疹が出たり赤くなることがあったのが、リッドキララは全く刺激を感じず安心して使用を続けている、という声が寄せられています。
この女性の場合、まぶたのたるみだけでなく目尻のシワも改善される効果が出てきたため、これからも続けて使うつもりだそうです。

ただ、個人によっては肌に合わ合ないケースもあるので、混合肌で心配な場合、まずは成分をよく確かめ、前もってパッチテストを行って肌に影響が無いか確かめてから使用を始めることです。

北の達人コーポレーションは、専門スタッフによる無料カウンセリングも行っているので、使用する上で不安な点があるのなら、公式サイトを通してメールか電話で問い合わせてみると良いでしょう。

混合肌の原因と、リッドキララによる対処は?

リッドキララ

混合肌は、肌の箇所によってベタつきやすい脂性肌と、カサつきやすい乾燥肌など、違う肌質が混在することです。
特に珍しい肌のタイプではなく、日本でも7割くらいの人が混合肌と言われるくらい、結構多い肌質なのです。

30代以降の女性だと、ホルモンバランスの乱れから混合肌になる女性が多いようですが、ストレスが蓄積され、心身ともに大きなダメージを与えると肌の免疫力の低下やターンオーバーの乱れなどで肌質が不安定になってしまい、混合肌になることがあります。

これ以外にも、季節の変わり目や、過度の喫煙・飲酒、紫外線の影響、エアコンによる乾燥、食生活の乱れなども混合肌の原因となります。
このため、混合肌を防ぐには日常生活の改善やストレスをためないことも大事となります。
また、紫外線対策やまぶたの保湿も大事です。

他にも、自分の肌に合わない化粧品を使用するなど、間違った化粧品選びも混合肌の原因となることがあります。

混合肌を放置したままだと、バリア機能が衰えたり、ターンオーバーが乱れてしまい、敏感肌や、肌の内側は乾燥しているのに肌の外側は皮脂でベタついてしまった、いわゆるインナードライ肌になってしまうケースもあります。

さらに、混合肌になると、まぶたの乾燥をもたらし、これがまぶたのたるみの原因ともなります。
まぶたの皮膚が乾燥すると、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことでまぶたのハリや弾力が失われ、まぶたにたるみが生じてしまいます。

リッドキララにはまぶたにハリを与える2大成分・組織であるコラーゲン、エラスチンもたっぷり配合され、まぶたの内側からもケアを行い、まぶたのたるみを解消してくれます。

混合肌でたるんでしまったまぶたも、リッドキララでまぶたのケアを行い、併せて日常生活の改善も心がけることで改善され、20代の頃のような若々しい目元を取り戻すことが出来るのです。

50代の女性で乾燥肌に悩んでいたのが、リッドキララで目元の乾燥やシワにはっきり効果が実感できた、という口コミの声もあります。
まぶたのたれが気になっていたのが、早いうちからケアを行いたいと思っていたため、理想的な美容液に出会えてよかったと満足の声を寄せています。

混合肌には、早いうちからの対策が大事なのです。

混合肌かどうか判断するには

判断

混合肌は、様々な肌のタイプが混ざり合った状態です。

肌というものは日常生活の乱れや生理前などにも影響されるので、自分の肌が混合肌かどうか判断するには、1~2日ではなく、ある程度長期的に観察する必要があります。

例えば、朝晩の洗顔後、すぐに化粧水などで手入れせず10分くらい様子を見てみて、乾燥しやすい箇所や皮脂が多く出ているところがないか確かめてみます。

昼休みなどのメイク直しの時も、小じわが出ていたり、乾燥してカサカサになったところや、皮脂が出て肌がテカったところが無いか鏡でよく見てみると良いでしょう。

目の周りもじっくりと観察してみて、しわが出ていないか、まぶたがたるみ気味になっていないか確かめてみることです。
ただ、生理前だと肌のタイプを判断するのは難しいため、観察は避けることです。

自分の肌がどのような状態なのか詳しく知るには、皮膚科やコスメカウンターなどの専門医に相談してみるのも一つの方法です。

混合肌の正しい対処法は?

対処法

混合肌の対策としては、まずはしっかりとしたクレンジングが大事となります。
濃いアイメイクやリップメイクなど、クレンジングだけでは落ちにくい場合は、ポイントメイク専用のリムーバーでしっかり落とすようにします。
また、クレンジングに長い時間をかけると肌荒れしやすくなるので、手早く洗い流すことも大切です。

クレンジング後の洗顔の際も、石鹸をしっかり泡立て、力を入れず顔をなでるように洗顔します。
特に目元は皮膚が薄いため、泡を軽く押すような感じで洗うようにします。

皮脂が気になる箇所は、つい念入りに洗ってしまいがちですが、洗いすぎはよくありません。
洗いすぎると、肌が乾燥しがちになり、肌を潤わせるために皮脂がさらに分泌されてしまう原因になります。

このため、洗いすぎにも注意することです。
あぶらとり紙を使う際は、軽く押さえる程度にして、1日に何度も使わないように注意します。

混合肌の改善は、食生活の改善も大事

食生活

混合肌の対策としては、バランスのとれた食生活を心掛けることも大切です。
美肌に効果のある成分としては、ビタミンC、ビタミンB群、亜鉛などがあるので、こうしたものが含まれた食材を意識して摂るのも良いでしょう。

ビタミンB2が多く含まれる食材としては、レバー、乳製品、卵、肉、魚、アーモンド、のりなどがあります。
ビタミンB6が含まれる食材としては、カツオ、マグロ、サケ、さつまいも、バナナなどがあります。
ビタミンAが含まれる食材としては、うなぎ、レバー、卵黄、バターなどがあります。

30代女性の混合肌にリッドキララは使えるの?ココがポイント!まとめ

まとめ

30代以降で混合肌が気になり始めると、特に目元が乾燥しやすくなるものです。

リッドキララは東証1部上場の企業、北の達人コーポレーションが開発、販売を行い、第三者機関でパッチテスト試験済みなので品質に問題はなく、混合肌でも安心して使えます。
肌に優しく、刺激を与えない植物由来の成分が使われ、リッドキララの発売以来、肌荒れなどの副作用の報告は1件もありません。

リッドキララはまぶたにハリを与える2大成分・組織であるコラーゲン、エラスチンが豊富に配合されているので、まぶたの内側からもしっかりケアを行い、まぶたの乾燥・たるみを改善してくれます。

混合肌の改善には、正しいクレンジング・洗顔も大事です。
また、ストレスをためず、バランスのとれた食事を心掛けることも大切となります。

リッドキララでまぶたのケアを行い、併せて日常生活の改善も心がけることで、20代の頃の若々しい目元を取り戻すことが出来るのです。