リッドキララのデメリットを紹介します。

大人気のリッドキララにもデメリットは存在します。

そのデメリットとは、

1 定期コースの縛り回数
  定期コースで購入した場合、最低3回の縛りがあります。
  ですので、どのコースで購入したとしても最低で1万円は費用がかかります。
  最初の1本は比較的お手頃価格で購入できますが、トータルで考えたコストで購入するか否かを判断しましょう。

2 定期コースの解約や休止
  定期コースは縛り回数を迎えた後も定期的にリッドキララは発送されてきます。 
  発送されたら費用を支払う必要があります。
  そうならないためにも、もう使わないってなった場合は、解約や休止の連絡を入れるようにしましょう。

3 即効性がない
  リッドキララには即効性がありません。
  即効性を求めるのなら、わたしはまぶたにテープが一番だと思います。
  テープの場合、肌トラブル等がでる可能性がありますが。。。
  それぐらい即効性が必要な時もありますもんね。
  でも、リッドキララにはこのような即効性はありません。
  使って2ヶ月ぐらいが経過して効果がでてくる方が大半なので。

以上の3つのでデメリットを理解した上でリッドキララを購入することをオススメします。