リッドキララ 使い方

リッドキララはまぶたのたるみを改善する、画期的な美容ジェルです。

このリッドキララはどのように使えば効果を引き出すことができるのでしょうか。
せっかく効果の高いリッドキララを使うわけですから、間違った使い方をしたくないですよね。

今回は、リッドキララの正しい使い方について解説していきたいと思います。
これからお教えする正しい使い方をすることで、リッドキララの効果を最大限に引き出すことが出来ます。

難しい方法ではないので、誰でも簡単に行うことが出来ます。

リッドキララの効果的な正しい使い方

リッドキララ 使い方

では早速、リッドキララの効果を引き出す正しい使い方をお教えします。

最初にお伝えしておく注意点としては、毎日、朝と夜に行うようにして下さい。
1日2回毎日続けることで、リッドキララの効果を最大限に引き出す事ができます。

簡単に手順を説明します。

1、洗顔後に化粧水・乳液でスキンケアをする
2、30分後にまぶたにリッドキララをのせる
3、こめかみにかけて伸ばす
4、まぶたを上げたまま押さえる
5、塗った部分に触れてなじませる

詳しく説明していきます。

洗顔後に化粧水・乳液でスキンケアをする

まずはいつもどおりに洗顔をして、化粧水・乳液・美容液などでスキンケアをして下さい。
ここまでは普段どおりで構いません。
もしオールインワンタイプの化粧品を使う場合は、この時点で使って下さい。

30分後にまぶたにリッドキララをのせる

普段のスキンケアをしたら、30分経ってからリッドキララを使います。
その理由は、リッドキララが肌にしっかり馴染んでくれなくなるからです。
効果が十分に引き出せなくなるので、スキンケア後に少し時間を開ける必要があります。
スキンケアの水分や油分をしっかり肌に染み込ませて、肌の表面に残っていない状態にして下さい。

リッドキララを使う時は、まず1プッシュして手の甲に乗せます。

そしてその半分だけを取り、片方のまぶたに乗せます。
ただ乗せるのではなく、目頭から目尻にかけて4ヶ所に乗せるようにします。

こめかみにかけて伸ばす

片手で眉毛あたりからまぶた全体を引き上げておきます。
反対の手で目頭からこめかみに向かってリッドキララを伸ばしていって下さい。
そして、目尻からも、上の方に向かって引き上げるようにこめかみにかけて伸ばして下さい。
まぶたの上だけでなく、目尻から引き上げるようにリッドキララを塗ることで、より肌を引き上げることが出来ます。
この時に、サッと指を動かして塗るのではなく、優しく撫でるように塗って下さい。

まぶたを上げたまま押さえる

片手で眉毛あたりからまぶた全体を引き上げながら、反対の手でまぶたを押さえます。
押さえるのはだいたい10秒位でOKです。
こうすることで、皮膚の下の角質層までリッドキララを浸透させることが出来ます。

塗った部分に触れてなじませる

片手で眉毛あたりからまぶた全体を引き上げながら、塗った部分を指で軽く叩くようにしてなじませます。
きちんとなじませると、ベタベタしなくなります。

片方のまぶたにリッドキララをなじませたら、反対側のまぶたにもリッドキララを使いましょう。

リッドキララのハリを出す効果は即効性があります。
もし、ハリが出た時につっぱる感じが強いと思ったら、まぶたを引き上げずにリッドキララをなじませて下さい。

なお、化粧下地を使う時は、リッドキララを使った後にします。

リッドキララの使い方に関するよくある質問

リッドキララ 使い方

ここからはリッドキララの使い方についてよくある質問と答えを紹介します。
リッドキララの公式サイトに書かれている、よくある質問と答えを簡単にまとめました。

・1回の使用量は?

1回に使う量は1プッシュで十分です。
1プッシュして手の甲にとり、左右のまぶたに分けて使います。

・1日何回使うの?

朝と夜に1回ずつ使います。
洗顔後、化粧水や乳液でスキンケアをした後で使って下さい。

・毎日使うの?

リッドキララは毎日使うことで効果を発揮します。
普段のスキンケアとして毎日続けて下さい。

・たくさん使った方がいいの?

多めに使っても肌にトラブルが起きるわけではありません。
しかし、効果が高まるわけではないので、たくさん使う必要はありません。

・まぶた以外にも使えるの?

リッドキララはまぶた専用として開発されています。
他の場所に使ってもトラブルにはなりませんが、効果を十分に引き出すことは出来ません。
他の場所専用の美容品を使うと良いでしょう。

・目元のマッサージはしたほうがいいの?

マッサージをすると色素沈着したり、たるんでしまうことがあります。
リッドキララを使う時はマッサージをしないほうが良いです。

・どんな肌でも使えるの?

リッドキララはどんな肌の人でも使えるように開発されています。
アトピー肌や敏感肌の人でも使用可能です。
アレルギー体質の人は、あらかじめ成分を確認して下さい。

・使用期限はどのくらい?

リッドキララの使用期限は未開封で2年程度となっています。
防腐剤や保存料を使っていないので、開封後は2ヶ月以内に使って下さい。

・1本でどのくらい持つの?

1回1プッシュで使うと、1本で60回持ちます。
1日2回使うとして、およそ1ヶ月分です。

・上からメイクできるの?

上からメイクしても問題ありません。
リッドキララが肌に馴染んでから、普段どおりのメイクをして下さい。

リッドキララを使う時に気をつけること

リッドキララ 使い方

リッドキララを使用する時に気をつけなければならないことを4つ紹介します。

・まぶたを引き上げながら使う
・目に入らないようにする
・強くこすらない
・保管場所

詳しく解説していきます。

まぶたを引き上げながら使う

リッドキララの効果を引き出すには、片手で眉毛あたりからまぶた全体を引き上げながら使って下さい。
何もしないで塗るよりも肌を上に引き上げることができるので、目がぱっちりします。

目に入らないようにする

まぶたを引き上げながら使っているので目に入りやすいです。
非常に刺激の少ないリッドキララですが、目に入ると思わぬトラブルが起きる可能性もあります。
リッドキララが目に入らないように使い、もし目に入ってしまったらすぐに水で洗って下さい。

強くこすらない

目の周りの皮膚はとても薄いので、強くこすると色素沈着の原因になります。
リッドキララを塗る時には、こすらずに優しく撫でるように伸ばして下さい。

保管場所

リッドキララは防腐剤や保存料が含まれていません。
そのため、保管場所や保管方法には注意が必要です。
使った後はしっかりキャップを閉めて下さい。
そして高温・多湿を避けて、直射日光が当たらないように保管して下さい。

リッドキララの効果的な正しい使い方まとめ

リッドキララ 使い方

いかがでしたか。

今回は、リッドキララの効果を引き出す正しい使い方を解説しました。
もう一度手順をおさらいしておきましょう。

1、洗顔後に化粧水・乳液でスキンケアをする
2、30分後にまぶたにリッドキララをのせる
3、こめかみにかけて伸ばす
4、まぶたを上げたまま押さえる
5、塗った部分に触れてなじませる

リッドキララをまぶたに塗っていくときには、片手でまぶた全体を引き上げながら塗りましょう。
より肌を引き上げてくれるので、普通に塗るよりも目をぱっちりさせることができます。

そしてリッドキララを使う時に注意点も紹介しました。

・まぶたを引き上げながら使う
・目に入らないようにする
・強くこすらない
・保管場所

リッドキララは今回紹介した正しい使い方を守って使うと、非常に高い効果を実感できます。
他のアイクリームとは一味違う、まぶたのたるみを改善するリッドキララの素晴らしい効果を確かめて下さい。

>>>正しい使い方でまぶたが若返るリッドキララの公式サイトはコチラ